必見!AFCmiteteマタニティクリームの効果アップの使い方!

AFCmiteteマタニティクリームの塗り方は公式サイトにも書いてあるのですが、使用量や使用開始時期など分かりにくいところやもっと効果的にできるものもあるのでここでは一番効果的な使い方を解説します。

 

AFCmiteteマタニティクリームはいつから塗りはじめればいい?

 

多くの人が実際お腹が大きくなってから妊娠線対策を考えます。
公式サイトの始める時期も妊娠4-5カ月とお腹が目立ってから使用開始としています。

 

特別妊娠線ができやすい人でなければこれでいいかもしれませんが、お肌はいきなり柔らかく改善されるわけではないので妊娠線のできやすい人や心配な人は妊娠初期から使用したほうがいいです。

 

・双子などの多胎児妊娠
・もともと小柄で痩せ型
・経産婦
・妊娠して急激に太った(体重増加12キロ以上)
・乾燥肌
・アトピー体質
・運動不足の人
・妊娠して胸がはってバストアップした人
・35歳以上で高齢妊娠

 

これらに当てはまる人は妊娠線ができる可能性が高いです。
少しでも乾燥やかゆみを感じたら早め早めに対策をすることをおすすめします。
私は3つ以上当てはまってしまって妊娠初期から塗り始めましたが、そのおかげか肌質も変化してすごくもちもちで柔らかいです。
妊娠初期から良い肌状態にしておけば、中期から急にお腹が大きくなった場合も妊娠線ができにくくなります。

 

AFCmiteteマタニティクリームの塗り方は?

 

AFCmiteteマタニティクリームはマッサージ不要なのがいいですよね(^^♪
マッサージいらずでもお腹の下から上、中心から外側、時計回りを意識して塗ると効果がアップしていいですよ。

 

使用量はのびがいいので少なくてもすみますが、乾燥を感じる場合はなるべくたっぷりめで、使用回数も増やしていったほうがいいです。
かゆみは妊娠線ができる前兆なので要注意です。
また、私は9か月目でかゆみじゃなく痛みがでてきたのですが、痛みを感じたらすぐ塗るようにしました。
これも皮膚がひっぱられて妊娠線ができそうな時なので特に注意が必要です。
クリームのあとにラップをかけるなどしたら保湿力も高まります

 

 

AFCmiteteマタニティクリームはどこに塗ればいい?

お腹や胸は目に見えて大きくなるのでほとんどの人が妊娠線予防のクリームを塗ると思いますが意外に太ももやおしりに妊娠線ができる人は多いです。
クリームを塗ってなくて妊娠線ができてしまってから後悔したという声もよく聞きます。

 

二の腕やひざ裏にできてしまうこともあり、夏場も薄着できずに苦労しているという声もΣ(TдTlll)
体重が結構増えてしまったという人は全身に塗った方が賢明です。

 

併用でAFCmiteteマタニティクリームを節約しつつ効果もアップ

使用量をおさえたい、保湿力をアップさせたいときはオイルとの併用がおすすめです。
クリームはやはり油分が少ないため水分が逃げていきやすいです。
オイルを併用することでばっちりお肌に潤いを閉じ込めることができます。

 

 

コスパを考えるならピジョンやジョンソンのベビーオイルがおすすめです。
薬局やスーパーなどに置いてあるのですぐ手に入るし値段もかなりおさえることができます。
赤ちゃんにも使用できるので産後も使えるし低刺激で安心です。

 

オイル以外だとニベアの青缶がおすすめです。
こちらも油分が高いですが、伸びが悪いので最後の仕上げに手に塗ってからハンドプレスで水分に蓋をするのがいいです。

 

 

関連記事

実際に私が使ったAFC/miteteマタニティクリームの効果と口コミはこちら

 

ニベアは妊娠線予防クリームの代用になる?効果を検証

 

 

AFCmiteteマタニティクリームの最安値ショップはこちら