妊娠線クリームの選び方@おさえておきたい4つのポイントとは?

 

妊娠線クリームはどのように選べばいいのでしょうか。
ここではおさえておきたい選び方のポイントをまとめてみました。

 

保湿効果に注目

コラーゲンやヒアルロン酸、フラーレンといった、保湿効果の高い成分が含まれているか見てみましょう。
また、葉酸は肌のめぐりを良くし、シラノール誘導体、FGF、高浸透型ビタミンCといった成分は、肌の真皮までうるおいを届けてくれるので、これらが含まれているものがオススメです。

 

低刺激性のものを選ぼう

妊娠中はホルモンバランスが変化し、肌の質も変わっています。敏感肌や乾燥肌、脂性など変化は様々。
合成着色料、合成香料、鉱物油、アルコール、パラベンといった刺激性の添加物が入っていない低刺激性のものを選びましょう。

 

大事なコストパフォーマンス

妊娠線予防クリームは、長期の使用が望まれます。
詳しくは、お腹が大きくなる前から、臨月まで塗り続け、大きくなったお腹周辺の広範囲に塗るため、使用量が多くなりがちです。
なので、臨月までケアを続けられるように、コストパフォーマンスの良いと感じるものを選びましょう。

 

好みの香りのものを探そう

妊娠中はよく匂いに敏感になるといいますよね。
妊娠中に、問題なく使える好みの香りの妊娠線予防クリームを探しましょう。実際にテスターなどで匂いを試すことができれば良いですね。
匂いに敏感、好みが変わるかもしれない…という方は、無香料のものがオススメです。
合成香料ではなく、天然の香料のものを選ぶと心身にリラックス効果があります。

 

 

結局妊娠線クリームはどれがおすすめ?

元々妊娠線専用のクリームは高価なものが多いです。
成分にこだわると価格がかなり高くなってしまうこともあります。
妊娠期は色々と物いりなのでコスパは重要ですが、しっかりした品質も大切です。

 

 

私はAFCのmiteteマタニティクリームを使っていましたがコスパがいいのに妊娠期にほしい美容成分や引き締めにいい葉酸がたっぷり配合されていて使い心地も◎でした。

 

詳しくはこちらでレポしているのでよければみてみてくださいね。

私のAFC/miteteマタニティクリームの効果と口コミはこちら

 



⇒AFCマタニティクリームの最安値ショップはこちら

 

関連記事

いつから妊娠線クリームを塗る?いつまで必要?

妊娠線予防にはクリームとオイルとローション、どれが一番おすすめ?

妊娠線予防クリームは高い!薬局などの市販の安いもので代用できる?