いつから妊娠線クリームを塗る?いつまで必要?

妊娠線予防クリームはいつからいつまで塗っておけば安心なのでしょうか。
個人差もありますがお腹が実際大きくなる妊娠中期より以前に塗り始めることでしっかり妊娠線を予防することができます。

 

いつから始める?妊娠線ケアクリーム

 

妊娠してお腹の大きさがきになってくるのは妊娠中期の5カ月めくらいからなので、それくらいから妊娠線ケアが気になりだす人も多いかもしれません。
ですが妊娠線予防はなるべく早くからクリームを塗り始めた方がいいです。
絶対に妊娠線を作りたくない人は妊娠が分かった時点から塗っておくほうが安心です。

 

というのも、クリームを塗り始めてすぐお肌が柔らかく整うわけではないからです。
実際にお腹が大きくなって皮膚が伸びる前にしっかり整えておくことが必要になります。

 

 

妊娠線ケアクリームはいつまで塗ればいい?

産後のお腹は赤ちゃんが出てきたらすぐ元通りにはならず、元に戻るまでは6〜8週間くらいかかります
産後直後は特に急激にしぼんでお肌もデリケートな状態なので、何もケアしなければゴワゴワになってしまったり、新たに妊娠線が目立ってくる場合もあります
産後もお腹が元の大きさに戻ってくるまでは妊娠線ケアクリームは塗り続けておいた方がいいです。

 

妊娠線以外にもすべすべの元通りのお腹に戻したい人はせめて産後1カ月くらいまではきちんとケアしたほうがいいですよ。
赤ちゃんと一緒に使えるものもあるのでベビーマッサージもしながらゆったり過ごせればいいですね^^

 

コスパがいい本格妊娠線クリームはこちらがおすすめ!

私がお試ししたAFC/miteteマタニティクリームの効果と口コミはこちら