妊娠線予防にはクリームとオイルとローション、どれが一番おすすめ?

妊娠線を予防するには急に大きくなるお腹に対して皮膚を柔軟に対応できるようにしておくことが重要です。
そのために塗るものには次の3つがあります。

 

  • ローション
  • オイル
  • クリーム

 

それぞれ一長一短ありますがどれが一番妊娠線ケアに効果ありなのでしょうか。
実際に妊婦の私が全部使ってみて効果を検証してみます。

 

妊娠線ローション

メリット

  • べたつかず付け心地がいい
  • 浸透力がある

 

デメリット

  • 油分がほとんどなく保湿効果が劣る
  • 完全に液体なので一番こぼれにくく塗りにくい

 

保湿には油分が重要ですが、ローションはほとんど水のため保湿効果は薄いです。
ですが一番塗りやすく肌への付け心地もよいので、乾燥肌の人がより水分を浸透させるためにクリームやオイルを塗る前に塗るものとしてはいいと思います。

 

妊娠線オイル

メリット

  • 高い保湿力
  • 良く伸びる

 

デメリット

  • べたつきが気になる
  • 手に取って塗るときにこぼれやすい

 

オイルはほとんど油であるため保湿力は一番高いです。
かなり乾燥肌だとうい人はしっかり保湿を感じることが出来ます。
アロマの香りがあるものも多く、良く伸びるのでマッサージして塗るのも楽しいと思います。

 

ですがその分べたべたして手についたり、垂れやすいので少し使いづらいです。
服につくとシミになってしまうこともあります。
何より妊婦さんはいつもより敏感になるのでべたつきが苦手な人は控えた方がいいかもしれません。

 

妊娠線クリーム

メリット

  • 水分と油分の両方補える
  • 塗りやすく一番人気

 

デメリット

  • オイルと比べたら保湿力が低い
  • 妊娠線専用の本格的なものは高価

 

クリームは水分も油分もバランスよく配分されています。
オイルと比較すると保湿力が落ちる感じがしますが最近のマタニティ専用クリームは保湿成分もしっかり配合されてオイルと同じくらいの保湿力があります

 

効果が高く塗りやすいので妊娠線対策にはクリームが一番おススメです。
ただし普通のボディクリームでは妊娠線を防ぐことができないので妊娠線専用のものが必要です。
そして妊娠線専用の本格的なものは1本5000円以上など高価なものも多いです。

 

私は妊娠線を絶対作りたくなかったけれどなるべくお金をかけたくなかったので妊娠線専用クリームで安いものから高いものまで試して効果を検証してみました。
miteteマタニティクリームだとコスパも良く、効果も高いのでおすすです。
良ければこちらの検証ページも見てみてください^^

 

AFC/miteteマタニティクリームの効果と口コミはこちら

 

AFCmiteteマタニティクリームの最安値ショップはこちら