比較!AFCマタニティクリームとフォーファムボディミルク

 

AFCのmiteteマタニティクリームとフォーファムボディミルクではどちらがいいのでしょうか。
詳しく比較してみました。

 

  AFCマタニティクリーム


フォーファムボディミルク

容量 120g 300g
単価 2800円 2900円
定期便

3本セット6720円
(1本あたり2240円)

単価と同じ値段

低刺激性 無着色、無香料、鉱物油フリー 無着色、無香料、鉱物油、パラベン、エタノール、界面活性剤フリー
注目成分 葉酸・ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ・アラントイン・ヘスペリジン・コラーゲン・ヒアルロン酸 5種のセラミド・スクワラン・アルガニアスピノサ核油・アミノ酸・ヨーグルト液・コラーゲン・ヒアルロン酸
保湿力
使い心地


リラックスアロマの香り
のび良し


ほのかにヨーグルトのにおい
ポンプで使いやすい

 

価格

1本あたりの価格はどちらも同じくらいですが容量は倍以上あるのでフォーファムボディミルクの方がでコスパがいいです。
ただフォーファムはさらに割引価格の定期便がありません。
AFCのmiteteマタニティクリームは3本セットの定期便で20%オフで購入できます。

 

成分

フォーファムは敏感肌や年齢を重ねて減少するセラミドが5種も配合されています。
その他にもスクワラン、アルガニアスピノサ核油、オリーブ油、ヒマワリ種子油といった成分が優しくお肌が保護してくれます。
ヨーグルト液は珍しい成分ですが含まれるビタミンが妊娠線を予防し、肌に負担をかけずに保湿してくれます。

 

AFCのmiteteマタニティクリームは、肌に潤いを与え、滑らかにする「ライマメ種子エキス・ダーマクロレラ」や肌を整える「アラントイン」の配合がされています。
これらは高い保湿力で妊娠線予防の実績もあります。
また、肌のめぐりを促しターンオーバーを促進する葉酸がふんだんに使われています。

 

 

低刺激性

フォーファムは添加物は無香料・無着色で、パラベン・エタノール・界面活性剤・鉱物油の無添加になりかなりの低刺激です。
アトピーの人やかなりの敏感肌の人におすすめです。
AFCのマタニティクリームも無着色、無香料、鉱物油フリーで低刺激の処方になっています。

 

使い心地・保湿力

フォーファムはクリームではなくミルクですがどちらかというとクリームよりの固めのテクスチャになっていて使いやすいです。
ただ水分はやはり多めで油分が少な目になるので保湿力は妊娠線予防専用のクリームと比べておちるかもしれません。

 

AFCのマタニティクリームは本格アロマでリラックスできますし使い心地もべたつかずしっかり保湿ができます。

 

まとめ

フォーファムはかなりの低刺激処方になるので産後に赤ちゃんと使ったり家族と使うのにおすすめのボディミルクです。
パッケージもおしゃれなので子供のお肌が乾燥してるな、と感じたときぱっと塗るような使い方がいいかもしれません。

 

妊娠中に妊娠線予防を本格的にしたい人はAFCのミテテクリームの方がいいと思います。

 



⇒フォーファムボディミルクの最安値ショップはこちら

 



⇒AFCmiteteマタニティクリームの最安値ショップはこちら

 

関連記事

実際に私が使ったAFC/miteteマタニティクリームの効果と口コミはこちら

比較!AFCmiteteマタニティクリームとベルタマザークリーム

比較!AFCmiteteクリームとピジョンボディクリーム

比較!miteteマタニティクリームとAMoMAマタニティオイル

比較!AFCmiteteマタニティクリームとNOCOR(ノコア)